コロナウイルスの影響でニューヨーク市は、通常より80%少ない不動産リスト

2020年4月29日


新型コロナウイルスの拡散を防ぐため、不要不急の外出を禁止し、原則自宅勤務を実施するNew York PAUSE政策が行われ、1カ月以上たつ中で、不動産の動きも低迷しています。新しい物件のリストは通常の80%減となり、実際の物件の見学が難しい中で実際の契約件数も低迷しています。