ソーホーのお店に出現したスノー・ルーム。店内で販売しているウインターコートの暖かさを試すために設置。

2020年1月9日


アメリカの老舗アウターウェア店のWoolrichで、お客さんが-20℃の環境を再現したスノールームに入りパーカーの温かさを体験するというイベントが開催されました。ガラス張りの部屋の中に本物の雪や氷、木が設置され、また、寒さの演出を追加するためJoshua Videsの黒と白のアートで飾られました。