不動産関連
あなたの家のスクエアーフィート:現実とそうでないもの

2019年12月13日


アメリカでは古いアパートを購入し、住宅ローン等の申請時に銀行の鑑定人が延べ床面積の測定にきて、正確な図面がなく不動産仲介人から聞いていた面積と相違がありトラブルが発生するという事態が発生する可能性があります。これは、資産価値の損失を追ってしまう大きな問題のため、不動仲介人の正確な面積算定の改善も必要となります。
.また、面積算定方法はタウンハウス、コンド、コーアップにより共用部分のエレベーターや階段や壁部分の面積の取扱いに違いがあります。また、地下室や居室の判定にも基準があるので確認が必要です。